【サタノファニ】最新話105話ネタバレや感想!

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2019年9月9日発売のヤングマガジンにて、サタノファニの最新話である105話が掲載されました。

レクリエーション中、海に落ちてしまう、千歌と小夜子。

果たして、二人は元の関係に戻ることはできるのでしょうか?

 

ここでは、サタノファニ105話の内容ネタバレをまとめていきます!

 

104話 一覧 106話

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【サタノファニ】最新話105話ネタバレや感想!

105話ネタバレ!

海に落ちて意識を失う小夜子。

千歌がすぐに引き上げます。

 

ですが、海の流れは早く、千歌が助けを呼ぶも、その声は誰にも届くことなく、二人は沖の方へ流されてしまいます。

 

その様子を双眼鏡で見ていたヒゲ爺が、そのことを西に伝えます。

ですが、すでにカヤックも二人の姿もなく、視認することはできません。

 

周りは心配していますが、西は潮の流れから、4キロほど先にある小さな島に流れ着いていると予想。

西とミイナで救出に向かいます。

 

千歌はなんとかその島に上陸し、小夜子を砂浜に下ろすも、小夜子は息をしていません。

小夜子の気持ちを考えていなかったことを後悔し、「死なないで」と必死に人工呼吸を行います。

 

そのおかげで小夜子は意識を取り戻し、キス(人工呼吸)されている状況に驚きます。

「よかった」と安心する千歌を見て、小夜子は自分が溺れていたことを思い出し、千歌が助けてくれたことに気づきます。

 

「ありがとう。また助けられたね」

という小夜子。

 

二人は見つめあい、いい雰囲気に。

そのままキスをかわし、イチャイチャし始めます。

 

すると、「ちょっとあんたたち…」とミーナ。
後ろで赤面する西。

 

恥ずかしいところを見られ、行為も中断しましたが、なんとか二人は仲直りする事ができました。

 

 

レクリエーションも終わり、帰った後、みんなで釣ったものを食べることに。

フグの味に似ているというウツボなども食べ、霧子が「瀬里の奴にも食わせてやりたかったなー」「元気にしてるかなー」と言います。

 

一方、真希はある場所で鹿を銃で撃ち抜いていました。

その後ろに、中年の男性が立っており、「ほお、300mの距離を一発で仕留めるとは、見事だ、ハリシャよ」

というシーンで終わります。

感想

なんとか仲直りすることのできた千歌と小夜子。

やっぱり仲直りの時に、イチャコラしてましたね。

とはいえ、すぐにミイナと西に見つかっていましたが…。

 

島に二人だけ上陸する、となった時は、そこで西と千歌のなんらかの会話があると思ったのですが、何もなかったですね。

 

真希に関しては、簡単に神聖教団に取り込まれていました。

しかも、新しい名前まで用意してもらって。

 

もうこれは敵に回ってしまったということで間違いはなさそうですね。

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事