【コレットは死ぬことにした】最新話88話ネタバレや感想!

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2019年9月20日発売の花とゆめにて、コレットは死ぬことにしたの最新話である88話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【コレットは死ぬことにした】最新話88話ネタバレや感想!

ワーカホリック過ぎて井戸に飛び込んだ薬師のコレットは冥府にたどり着き、冥王ハデスの治療をするうちに、恋人同士となります。

そんな時、冥府で死者の裁判に使われる鏡が壊れる事件があり、ハデスは決断したことがある様子。

一方、地上のコレットの元にはアフロディーテが現れてひと騒動です。

 

コレットから足ツボマッサージを受けて悶えるアフロディーテの色っぽさに周囲はざわめいています。

前回、アフロディーテをデートに誘ってしまったコレットは、診察デートという事で、避難所のみんなもいる中で彼女をマッサージしています。

マッサージを受け、コレットから爪の美しさまで褒められて、アフロディーテはご満悦です。
一方で、冥府ではようやくミノスが目を覚ましました。

 

クロノスの遊びの様子で、二日寝ていた事を察するという観察眼をみせ、ハデスの所に顔を出そうとしたとき、裁判服を着たハデスが部屋にやって来て、こう告げます。

 

「ラダマンテュス、ミノス、アイアコス、これよりお前達を冥府の裁判官に任ずる」
「死者をせき止めるのも限界と判断した、鏡を待ちたいところだが、やめだ」
「お前達に断る権利はもうない、冥府と私につき合ってもらうぞ」

 

3人とも驚き、特にミノスは

「冥王様は、俺のことを」

と何か言い掛けますが、ハデスの真剣な眼差しに決意を固めます。

 

「自分の過失の落とし前はつけます」
「けど俺の過失を他の2人にも背負わせるのは」

 

しかし他の2人も、自ら決意を固めて動き出します。

 

すでにカロンが、冥府の川で死者達を舟で渡しながら、その言動を観察していました。
舟で渡るだけで垣間見えてくる性格の中から、やばそうなのをハデスに報告することになっているようです。

 

そして、ラダマンテュス、ミノス、アイアコスの3人が高い円柱にそれぞれ座り、死者に話しを聞きます。

村を支えた一族の者だ、という死者に、3人よりも更に高い位置に座し、姿は見せずにケルベロスを従えたハデスは死者の嘘を暴きます。

ハデスが最初に嘘を暴き、他の3人が畳み掛けるように次々と真実を突きつけ、死者は実は、水源を牛耳って村人を苦しめた人物であることがわかります。

 

このように、カロンの目で見て、他の全員の経験や、これまでの統計、ケルベロスの嗅覚、という総力戦で裁判にあたっていくことにするようです。

 

「冥王様は、信用も信頼もしていない俺達に賭けるつもりなんですね」

と尋ねるミノスに

「お前達を信用も信頼もしていない、そもそもよく知らぬ」

 

と答えるハデス。

でも、ミノスの鋭さに賭けてみることにした、と告げます。

その思いに応える決意をした3人。

冥府にやって来たコレットは、無事に裁判が行われたことを聞き、嬉しそうにハデスに寄り添います。

 

おやすみの優しい囁きを交わす2人で、終わります。

感想

アフロディーテを地上に残すことに成功し、冥府でも新しいスタイルの裁判が始まって一安心。

みんなでタッグを組む感じで進んでいく裁判の様子はテンポも良く、かっこよかったです。

そして、最後はハデスとコレットの甘い様子で締める。

王道で、ホッとします。

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事