【カッコウの許嫁】最新話44話ネタバレや感想!12月9日掲載

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

2020年12月9日発売の週刊少年マガジンにて、【カッコウの許嫁】の44話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

【カッコウの許嫁】最新話44話ネタバレや感想!12月9日掲載

エリカより早く勉強を終えて先に帰っていく幼き日の兄。

エリカが帰る頃には日が暮れていましたが、そこには兄が待っていてくれました。

遅いせいで家でゲームができなかったと文句をたれつつも、エリカとするから面白いんだと言い…。

 

そんなエピソードをエリカから聞いて、幸は強く共感します。

兄がどんな人物だったか、エリカが悪口交じりに語るのを聞けば聞くほど、幸はすごくいいお兄ちゃんだったのだと納得。

そして、エリカが早く幸の姉になれたことも、妹である幸の気持ちがわかるからだったのだと言いました。

 

一方の凪は、天野父からひたすらエリカの幼い頃のアルバムを見せられていました。

凪はうんざりした様子で、兄の存在を聞き出そうとしますが、天野父はいないの一点張り。

どこで何をしているのかを問い質しても、いないものはいないとしか答えません。

 

家族なら、エリカが兄を探していることも知っているはずだと言う凪。

それでも天野父は、エリカと仲良くなれたようで安心だと、煙に巻こうとします。

そして話題を幸にすり替え…凪が幸と結婚すれば、すべて丸く収まるのだという、凪が気づいてもけっして言わなかったことを指摘するのでした!

 

神社で掃除をするひろは、幼い子どもに動物のミニチュアで遊んでほしいと言われて承諾。

そして、ウサギとクマの家族を海野家・天野家に見立てて、両者の関係を再現しますが…。

子どもには意味がわからないと言われ、ひろ自身もそれに同意します。

 

しかしその時、ひろもまた凪と幸が結婚してもうまく収まるのだと、気づいてしまい…。

天野父への問い詰めは結局空振りで、帰路に着く凪。

その時スマホに、ひろからのデートのお誘いメッセージが入るのでした!

<感想>

兄についてはますます謎が深まるばかりですが、現時点でわかることはあまりなさそうです。

そして今後は、幸のことを結婚相手として意識してしまうことになるのでしょうか…?

デートに誘うひろの真意も不明ですし、気になることだらけです!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

おすすめの記事