【アンデッドアンラック】最新話49話ネタバレや感想!2月1日掲載

 

2021年2月1日発売の週刊少年ジャンプにて、【アンデッドアンラック】の最新話である49話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

【アンデッドアンラック】最新話49話ネタバレや感想!2月1日掲載

アンディの攻撃により、不可視(アンシーン)の否定者であるショーン・ダッツを一発撃破!

仲間であるはずのリップは、能力に慢心して反応が遅れたのだと冷淡に言い放ちました。

風子は遅れてから切り離された下半身を見つけ、次に安野の右腕も切断されたのを発見して吐きそうになってしまいます。

 

そこに声をかけるアンディは、冷静に状況を説明し、本の中で教えたとおりに切り替えろと指示。

アンディはあの風子と過ごした長旅のことをしっかり覚えているようです!

 

構えるアンディと風子の元に、リップとうさぎの着ぐるみを着た幼い人物・バニーが襲いかかり…。

銃を奪おうとするバニーに風子は戸惑いつつも、受け身はダメだと思い直し素手で攻撃!

あっさり弾かれるバニーですが、いつの間にか銃は盗られています。

しかし風子の不運が発動し、バニーは足場が壊れて落下していきました。

 

リップはバニーのこともさして気にせず、一人の方がやりやすいと割り切ります。

風子は神殺しが目的なら協力をして、一緒にオータムを捕まえないかとリップに提案しますが…。

リップは、神殺しはあくまでもビリーの目的にすぎないと言います。

 

アンダーは目的が違っていながらも、利害が一致した場合に限って協力関係を築く組織。

リップとラトラの目的はアークであり、アークの情報をくれるなら共闘すると言います。

 

すると安野は、リップもラトラもアークには乗れないことを知っていると、厳しい現実を突きつけました。

それどころかラトラまで失ってしまうのだと。

 

ラトラには妹のライラがいました。

しかしリップは自分が執刀したために、ラトラは自分が占いをしたために、ライラが命を落としたのだと後悔しており…。

救えるはずの命を、おそらく自分たちの否定の能力によって救えなかったこと。

それをアークでやり直すためにリップだって、オータムと交戦中のラトラだってすべてを懸けて戦っているのです。

 

アンディの本に釣られて向かっていたオータムがアンディたちの元に突入し、オータムの捕獲を巡るアンディたちとリップたちの戦いが始まります!

<感想>

リップとラトラの目的がアークであったこと、そして彼らもまた神による残酷な仕打ちによる犠牲者だったことが判明。

リップは医者・ラトラは占い師で、それぞれが最悪なタイミングで否定の能力を得てしまったのでしょう。

このループで神に勝つことでなく次のループで運命を変えることを求めている2人とは、やっぱり和解の余地はないのでしょうか…?

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

おすすめの記事