【アイテルシー】最新話4話ネタバレや感想!2月22日掲載

 

2021年2月22日発売の週刊少年ジャンプにて、【アイテルシー】の最新話である4話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

【アイテルシー】最新話4話ネタバレや感想!2月22日掲載

初任給が入った左近は、兄の右近を労う旅行に誘います。

乗り気でない左近でしたが、有名な菓子店があると聞いた瞬間やる気になりました!

 

左近が行き先を軽く説明していると、なんとりさも目を輝かせて便乗し…。

こうして3人で旅行へ行くことに。

 

りさが行きたがった理由は、この場所が大好きなミステリードラマのロケ地だからとのこと。

りさは作中の殺人鬼・夏風教授が推しということで、ここでも安定の犯人好きを発揮させています。

 

一人では撮影できないドラマの再現写真を撮り、テンションの高いりさ。

左近はこうしていれば事件がない限りはりさが危険な目に遭うことはない、と正義感を発揮しつつ旅行を満喫する決意をしますが…。

 

キレイな洋館のはずの宿はボロボロで鬱蒼としたホテル・大平屋敷。

そこは10年前に何か事件があったようで…。

 

そう匂わせつつ現れたのは、同じく宿泊に来た小説家の加々美あたる。

りさは加々美を見るなり、どこかで会ったことはないかと尋ねますが、加々美はナンパだと嬉しそうに受け取り、りさは悪いことをしたことがないという返答に即振ってしまいます。

 

左近たちと加々美はあっという間に打ち解けて、チェックイン後も一緒に夕食をとります。

その席で加々美は大平事件について詳しく話し始めました。

 

近隣で失踪事件が続々と起こり、その13名全員を大平屋敷の敷地内にある崖で発見。

遺体はどれも右手が見つからなかったのだとのこと。

 

ホテルのオーナー・大平権蔵の妻も被害者で、大平は真っ先に疑われましたが、証拠が見つからず。

そんな大平事件を、加々美は次の小説の題材にするためにやってきたのだと言います。

 

その話を聞いて、自分なら犯人をどう愛すか考えていたというりさに、加々美は興味津々!

自分の作品の主人公にしようかと盛り上がります。

さらに仲を深める4人ですが…その時大平が何者かに襲われ、右腕を切り取られてしまいました!

 

大平の叫び声を聞きつけて事件現場を見てしまった4人。

感情の読めない犯人は、のこぎりをりさに向けて襲いかかります!

<感想>

和やかな旅行回と思いきや、早速ここでも凶悪事件に巻き込まれてしまった3人!

個性の強い新キャラクター・加々美も登場しましたが、りさの言葉から彼も犯罪者なのかと疑ってしまいます。

悪いことはしたことがないと言いますが、それが加々美にとっての悪いことではないのなら…。

大平事件の行方とともに、加々美の正体の謎も気になります!

おすすめの記事