【つむじまがり×すぷりんぐ】最新話11話ネタバレや感想!

 

2020年11月16日発売のヤングマガジンにて、【つむじまがり×すぷりんぐ】の最新話である11話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

つむじまがり×すぷりんぐ】最新話11話ネタバレや感想!

小悪魔に変わってしまった座敷童は、泉も一緒に不幸になってしまおうと言って泉をえっちに誘惑しています。

泉の体をいやらしく触り、淫らな関係になろうとする座敷童。

泉は呆れすぎて何もいえない状態ですが、早くどうにかしなくてはいけないとだけ考えていました。

 

その時、凸丸が泉と座敷童を2人まとめて川に投げ飛ばしてしまいました。

運良く屋形船の上に落ちたお陰で水には濡れませんでしたが、このまま川を下っていけば温泉からは遠のいて行きます。

 

不機嫌な凸丸に怒っている泉は、ふとあることに気づいて弾木に連絡をしました。

しかしその事を知ると座敷童と凸丸は怒ってしまい、凸丸の頭突きで3人とも川に落ちてしまいました。

 

その頃、温泉までたどり着いたカッパ姉ちゃんですが、直前にして水によって弾き返されてしまいました。

泉から頼まれた弾木が、温泉のお湯を最大水量で川に流していたのです。

 

繋の湯は掛け流しのため、お湯は川まで流れてくるのです。

座敷童を抱き締めたまま、泉は川の水に潜ります。

 

準備していた泉とは違い、突如水の中に入ることになった座敷童は息が続かず口が開き、川の水を飲んでしまいました。

 

元の姿へと戻っていきます。

元に戻ったことでまた人を不幸にしたことに気づいて泣き初めてしまう座敷童でしたが、泉は座敷童が幸せにならなければ幸せは呼べないと言い、座敷童はその言葉を聞いて大泣きしてしまいました。

座敷童は泉のことをお兄ちゃんと呼び抱きつきいてきます。

感想

座敷童編は長くて読みごたえのある話でした。

凸丸頭突きシーンの泉と座敷童の驚き顔がとても面白かったです。

今回の凸丸は深く考えての行動ではなかったと思いますが、凸丸の行動がなければ上手くいかなかったのは確かです。

これからも厄介ごとの解決には凸丸の協力が必要不可欠ですね。

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事