【かぐや様は告らせたい】最新話215話ネタバレや感想!4月22日掲載

 

2021年4月22日発売の週刊ヤングジャンプにて、【かぐや様は告らせたい】の最新話である215話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

【かぐや様は告らせたい】最新話215話ネタバレや感想!4月22日掲載

校長の画策によって白銀やかぐや達が一まとめにされたクラス、3年A組の担任を任された男・大林ヒカル。

そんな彼自身もまた校長から声をかけられて、この春から秀知院学院にやってきたというスカウト組でした。

 

しかし彼は今日もやる気なく、人のいない屋上の片隅で電子タバコを吹かせています。

庶民の彼には、貴族のボンボン達が集まるこの秀知院学院の子供達についていける気が全くしていなかったのです。

 

そんな風に彼が屋上でボンヤリしていると、その屋上手前の階段の踊り場から男子生徒達の声が聞こえてきました。

そこにいたのは白銀、翼、帝の男子3名。

 

彼らは、白銀がとうとうかぐやと初エッチしたのかどうかという話題で大盛り上がりしていました。

白銀はかぐやの事を思ってかハッキリとした答えは言わないものの、彼のそんな態度を見て翼と帝は脱童貞したのだと確信。

かぐやを幼い頃から知っている帝は、白銀を祝福しながらも一瞬なにか思わせぶりな顔で沈黙するのでした。

 

白銀達のボーイズトークが終わった後、大林は校舎に戻ります。

恋愛トークで盛り上がっていた白銀達を「そういう所は金持ちの子供であっても普通と変わらない」と感じながら廊下を歩く大林。

 

すると今度は、かぐや、柏木、眞妃の女子3名が同じ話題で盛り上がっているところに出くわしてしまいます。

やはり白銀と初エッチしたのが二人にバレて真っ赤になっているかぐや。

 

そして話が具体的な部分に移ろうかというタイミングで、3人はすぐそこに大林がいる事に気付いて沈黙。

柏木と眞妃はそのまま気まずそうな顔をしながら、かぐやを置いて逃げ去ってしまいました。

その場に残された大林とかぐやは、仕方なく二人きりで少し会話する事に……。

 

異性と遊んだり恋愛したりしているのを教師に知られると気まずくて仕方がないし、怒られるかもしれない。

そんな庶民的な感覚はかぐやにも備わっていて、下手をするとこれが原因で白銀の推薦話も取り消されるのではないかと不安になり始めます。

普段は四宮家の令嬢として大人達と渡り合っているかぐやも一気にテンパってしまいました。

 

一方、大林の方はかぐやが意外と明るくて友達も多いという事に感心。

白銀との恋愛に対しても好意的な目で見守るつもりになっていました。

 

また、かぐやが四宮家という枷に縛られて自由に生きられずにいるのは校長から聞かされており、大人として何か助言してあげるべきかと判断。

校長は同時に、やる気のない人間なりの視点でいいとも言ってくれていたのです。

 

それらを踏まえ、かぐやに対して白銀との恋愛を話題に会話を始める大林。

しかし、かぐやは教師が自分達の恋愛について口出ししてしてきた事で「私は脅されているのでは?」と誤解をしてしまいます。

 

彼女の勘違いはどんどん積み重なっていき、最終的には「白銀との関係を黙っていてほしければ金か身体を差し出さなければならない」と勝手に追い詰められていきました。

そんな彼女が急に大量の札束を出してくるのを見て、大林もまたビビり出します。

 

が、かぐやがそうまでして自分と白銀の関係を守ろうとしているのだと気付いて、大林はかぐやに「大人をそんなに怖がる必要はない」とアドバイス。

大人は単に人生経験が長い分だけ失敗の経験も多く、それのおかげで子供から見たら上手くやれているように思えるだけなのだと語りました。

そうして言うだけ言って、さっさと教室を出ていく大林を、かぐやはポカンとした顔で見送るのでした。

 

また廊下を歩きながら、やはり「恋に必死になるところは普通の高校生と変わらない」と感じる大林。

そんな彼は、廊下の曲がり角である女性教師にぶつかられます。

それは2年A組の担任教師となった町田恋毬。

 

何やら慌てて小走りに突っ込んできた彼女が大林に謝ると、大林はやや照れながらそれに対応。

そして「恋をすると馬鹿になるのは大人も子供も変わらない」と思うのでした。

感想

今後も白銀とかぐやの間で何かある度に、この3人ずつでガールズトークとボーイズトークが開催されそうですね。

トリオの中で童貞・処女として取り残される形になった四条師弟のリアクションはけっこう気になっていましたが、眞妃はともかく帝の方が何やら思わせぶりな感じです。

かぐやの今後について何か思いを馳せていそうでしたね。

今の所ギャグ要因として出てきてばかりの帝くんですが、やっぱりシリアス編になってからが本領発揮なのかもしれません。

そして、初登場時からやる気なさげだった大林先生もクローズアップ。

意外と人情味というか生徒に理解のある大人だったので、これから色々な悩みに直面していくであろうかぐや達に、彼なりの助言を続けていってほしいですね。

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事