【あやかしトライアングル】最新話38話ネタバレや感想!3月29日掲載

 

2021年3月29日発売の週刊少年ジャンプにて、【あやかしトライアングル】の最新話である38話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

【あやかしトライアングル】最新話38話ネタバレや感想!3月29日掲載

鏡の世界に取り込まれてしまった祭里・すず・シロガネ。

この世界は景色だけが再現されており、元の世界の人物は反映されておらず、鏡を通して様子を窺うことができます。

 

外からラチカの声が聞こえるので出てみると、そこには雪が舞っていました。

ラチカと雲外鏡が、妖の王の座をかけた勝負をしようというのです。

その内容とは…雪合戦対決!平和的な対決方法に、祭里とすずは戸惑います。

 

ルールは、ラチカに一発でも雪玉を当てれば祭里たちの勝利。

祭里たちは何回当たってもOKと、かなり甘い設定です。

雲外鏡は、祭里たちに絶望を味わわせるためのものだと言いますが…。

 

まずはラチカが妖の力で雪玉を大量放出!

祭里も一球投げ返しますが、ラチカの身体をすり抜けてしまいました!

鏡の世界では雲外鏡の思い通りに幻影を出すことができるのです。

 

祓忍装束では体温調節ができるものの、すずはこのままだと風邪を引いてしまうと危惧する祭里。

シロガネはたっぷりの冬毛を生やして平気だと言いますが、大量に雪玉を投げられて埋もれてしまいました。

 

すずはシロガネの仇と言って雪玉を作って投げますが、ラチカたちにはまったく当たりません。

どれが本物かわからず闇雲に投げるしかありませんが…そのうちラチカと雲外鏡に雪玉が命中!

すずが相手をしている間に祭里が無風陣を発動し、風と一体化することでラチカたちの実体を察知していたのです。

 

そんなの反則だと騒ぐラチカは、自分を熱湯で溶かそうとしたお詫びにチャラにしろと悪あがきをします。

雲外鏡はラチカのことをポンコツ呼ばわり!

友達だと思っていた雲外鏡の役に立つために頑張っていたのに、そんなことを言われてショックを受け…。

 

なんと大きな巨大なゴーレムを出現させ、雲外鏡への怒りを爆発!

コントロールができなくなり、鏡の世界の建物を破壊して回ります。

現実には影響がないものの、ラチカは暴走を続ければ妖気を使い果たして消滅しかねません。

 

すずは祭里に一緒に止めようと提案。過保護な祭里に対して、守ってくれることは嬉しいとしつつも、そればかりでは成長できないと主張します。

そして、ラチカは妖でも心は少女で、妖の王として導いてあげなくちゃいけないのだと言い…その様子を見たシロガネは、少しは肝が据わってきたと感心しているのでした。

<感想>

妖の王をめぐってどんな戦いをさせられるものかと思いましたが、可愛らしい勝負内容で一安心。

雲外鏡も口ばかりでたいしたことのない妖だったようで、大事にならずよかったですね。

後は暴走を始めたラチカを止めるだけ。妖の王として成長を続けるすずが、どうやって大きな氷のゴーレムを止めるのかに注目です!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事