【あやかしトライアングル】最新話32話ネタバレや感想!2月15日掲載

 

2021年2月15日発売の週刊少年ジャンプにて、【あやかしトライアングル】の最新話である32話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

【あやかしトライアングル】最新話32話ネタバレや感想!2月15日掲載

画楽はすずの前世、先代の妖巫女とのことについて語り始めました。

 

絵筆の付喪神である画楽は、幕末の時代に絵師が死んで間もない部屋の中から記憶が始まります。

絵を描くことでしか存在を維持することができない画楽ですが、身寄りもない芸術家の少年が生きていくこともできない時代。

画現の力で作ったニセモノを利用して盗みを働き、塵塚怪王の求める品を集めて献上する盗賊として働いていました。

 

物だけでなく人の命を弄ぶ塵塚怪王ですが、人間に虐げられていた画楽にとって、それはどうでもいいことでした。

自分すらいずれは塵塚怪王の芥櫃に納められるのだろうと、己の生すら諦めていましたが…そんな時、塵塚怪王を封印する妖巫女と出会います!

 

彼女は比良坂命依と名乗り、画楽に手を差し伸べます。

やさぐれた画楽に気さくに接する命依は、自分に生まれ変わりの記憶があり、現世を渡る存在であることを説明。

そしてキレイな景色を通して、この世のすべてが宝物であることを画楽に説きました。

 

命依はこの時代でも弱い妖の面倒をよく見て、人と妖が調和を保てるように活動していました。

画楽は命依のお気に入りの場所で絵を描くようになり、同じ景色の移り変わりを描くことに楽しさを見いだしていました。

 

今回は神社の娘として生きていますが、これまで農家の娘、大名の娘、貴族の娘といったさまざまな人生を歩んできた命依。

しかし千年を超える転生の中で、いずれも15歳より長く生きながらえたことはないのだと言います。

 

もう16歳になる命依は自分の死期を感じて、画楽に自分の絵を描いてもらえないかと言います。

しかし画楽は憎まれ口を叩きながらも、内心は描いてしまったら本当に命依を喪ってしまうんじゃないかと恐れて、描くことができませんでした。

 

その年、大水害が立て続けに起きたため、命依はその人柱として水底に沈められてしまいました。画楽はまだ弱く、それを止めることができず、喪って初めて命依への恋心を自覚。

そして今、すずがかつて命依であった記憶を思い出した暁には、”完成した妖巫女”の絵を描きたいと切望しているのです。

 

画楽がすずと前世からの因縁があることが判明し、祭里は内心激しく動揺!

アニメや漫画だと絶対に結ばれるような間柄に、ただの幼なじみなうえに女体化した自分が対抗できるのかと焦ります…!

<感想>

画楽の過去とともに妖巫女の悲しい宿命が判明!

今回のすずはこれまでの妖巫女と違い、人ともうまくやれていますが、それはなんらかの理由でこれまでの記憶を失っているからなのか、それとも妖が人に認識されない世の中になっているからなのか…?

若くして命を落とすということについて、すずが乗り越えられるかどうかも気になるところです!

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

おすすめの記事